>  > Chase Bliss Bliss Mod Audio/ Tonal Recall Red Knob Knob Mod
動物のイラストやおもしろいデザインTシャツブランドTcollector
素敵な Chase Bliss Bliss Mod Audio/ Tonal Recall Red Knob Knob Mod, 服飾雑貨 リスト:2c33c5e7 --- canoncity.azurewebsites.netfacebookファンページ

素敵な Chase Bliss Audio / Tonal Recall Red Knob Mod, 服飾雑貨 リスト 2c33c5e7


素敵な Chase Bliss Bliss Mod Audio/ Tonal Recall Red Knob Knob Mod, 服飾雑貨 リスト:2c33c5e7 --- canoncity.azurewebsites.net




素敵な Chase Bliss Bliss Mod Audio/ Tonal Recall Red Knob Knob Mod, 服飾雑貨 リスト:2c33c5e7 --- canoncity.azurewebsites.net
model:
当店通常価格57200.0000円 (税込)
価格52000.0000(税込)


Chase Bliss Audio / Tonal Recall Red Knob Mod

最強のアナログディレイをもっと暖かに。

Chase Bliss Audio Tonal Recall Red Knob Modは、これまでのアナログディレイの一般的な常識を覆した、Tonal Recallのトーンをより暖かくしました。Tonal Recall Red Knob Modは伝説的なMN3005 BBD、そのリイシューチップを基本として組み上げられた、紛うことなきアナログディレイペダルです。最大ディレイタイムが1100msまで設定可能となりました。

Tonal Recall Red Knob Modは、タップテンポ、Trail選択のできるオプションバイパスモード、各パラメータのエクスプレッションコントロールやプリセットセーブ等、現代的な操作性と機能を実現しています。

全てのノブとスイッチは小さなデジタルブレインへと接続され、アナログエフェクトの制御を行います。シグナルは一切のデジタルプロセッサを通ること無く、一切デジタル化されず、最後までアナログ信号のまま出力されます。

デジタルの力を借りたエフェクトの制御が、アナログエフェクターではあり得なかった、全く新しい操作感とサウンドを作り出します。

●Tonal Recallとの違い

最大ディレイタイムを2倍に伸ばし、さらに音色も暖かく、柔らかくなりました。

アナログディレイならではのギタープレイを邪魔しない柔軟なトーンが、さらにテープエコーのように浮遊感のあるトーンへと昇華しています。

●コントロール

TONE(RAMP):簡単に言えば、これは魔法のノブです。DIPスイッチでこのノブに何も割り当てていない場合、このノブはディレイサウンドのトーンコントロールとして動作します。時計回り最大に回せばブライトなディレイサウンド、反時計回り最大に回せば暖かでダークなディレイサウンドとなります。

さらにDIPスイッチを使うことで、他の5つのコントロール(MIX、RATE、TIME、REGEN、DEPTH)を個別に、または自由に組み合わせてアサインすることができます。この時、モジュレートやランプ・アンド・ホールドをDIPスイッチで設定することにより、パラメータの値を揺らしたり、パラメータの動く方向などを設定できます。つまり、このノブは、設定されたパラメータが最大または最小になるまでの時間(Ramp Time)を設定します。

MIX:ディレイシグナルとドライシグナルのバランスを調整します。時計回り最大に回すと100%ウェットとなり、原音がカットされます。この時、ディレイシグナルはブーストされます。反時計回り最大に回せば100%ドライとなり、ディレイシグナルがカットされます。ノブは時計回り75%あたりでドライとウェットが50:50となります。

RATE:ディレイにかけるピッチモジュレーションのLFOレート(モジュレーションスピード)を調整します。時計回りでモジュレーションが早く、反時計回りで遅くなります。

TIME:ディレイタイムをコントロールします。時計回りでディレイタイムが長くなり、最大で1100msまで設定できます。反時計回りではディレイタイムが短くなります。このコントロールはタップテンポスイッチで上書きされます。

ノートディビジョン(音符の付いている)スイッチ:タップテンポの入力に対し、実際に設定されるテンポの倍率を切替えます。通常はペダルに描かれた上段の音符の切替ですが、DIPスイッチにより、括弧内の下段の音符に設定することもできます。また、タップテンポをランピングコントロールに設定することもできます。その時は、このスイッチで設定したテンポの半分のテンポとなります。

REGEN:ディレイのリピート回数を設定します。無限大のリピートや、自己発振させることもできます。リピート回数が重なると、ディレイサウンドが減衰し、美しい飽和したテープエコーのようなトーンへと変わります。

DEPTH:ディレイサウンドにかかるピッチモジュレーションの深さを調整します。

S-L-Bスイッチ:MN3005ディレイチップへのシグナルパスを切替えます。Sはショート(20ms~275ms)、Lはロング(80~1100ms)、BはBOTH(両方)で、リバーブライクなサウンドを作ることができます。

波形切り替えスイッチ(右側):ピッチモジュレーション波形を、左から順にトライアングルウェーブ、サインウェーブ、スクエアウェーブから切替えます。

Bypassフットスイッチ:エフェクトのON/OFFを切替えます。DIPスイッチで、モメンタリースイッチ(踏んでいる間だけエフェクトON)とすることができます。

Tonal Recall Red Knob Modはリレー回路を用いたノイズレスなバイパススイッチングです。トゥルーバイパスとバッファードバイパスはDIPスイッチのtrailsで選択できます。

Tap/Holdフットスイッチ:ディレイタイムをタップテンポで設定できます。ここで設定されるテンポは、常に最後の2回のタップとなります。設定できるテンポは最大1100msです。それを越えるテンポは最大ディレイタイムとなりますが、例えば8分音符に設定時、2000msでタップすると1000msに設定されます。つまり、実際にタップする時間ではなく、実際に設定される時間の最大が1100msです。

また、このスイッチを1秒間ホールドすると“ランナウェイモード”となり、リピートが一気に増幅し、自己発振を始めます。これはREGENノブ最大時の効果です。

手前のトグルスイッチ:プリセット選択スイッチです。右ポジションと左ポジションで、それぞれ1つずつプリセットを呼び出します。中央ではマニュアル設定となります。

プリセットできる設定は、各ノブの位置、トグルスイッチ、DIPスイッチです。プリセットの保存には、右ポジションのプリセットの場合は右側のフットスイッチを、左ポジションの場合は左側のフットスイッチを3秒間長押しし、その後両方のフットスイッチを3秒間長押しすることで可能です。

プリセット選択中にノブを動かす等、パラメータの変更を行うと、LEDが暗くなり、プリセットの状態から何らかの変更が行われたことを示します。それはまだ保存されていません。もしその変更を保存したい場合、再度プリセット保存のプロセスを行います。

●入出力端子

IN:インプットジャックです。楽器からのケーブルを接続します。

OUT:アウトプット・ジャックです。アンプへのケーブルを接続します。

EXP/CV:エクスプレッションペダル端子です。ステレオジャックです。エクスプレッションペダルにアサインされるコントロールはDIPスイッチで設定できます。

世界中の多くのエクスプレッションペダルを接続し、使用可能です。Chase Bliss AudioではMission Engineeringのエクスプレッションペダルを主に使用してチェックを行っています。EP-1またはEP-25kを推奨します。

また、Tonal Recall Red Knob Modでは0~5VのCV(コントロールボルテージ)も接続可能です。この時、Ring側がフローティングとしてください。

TAP/MIDI:タップテンポの入出力を行うステレオジャックです。外部タップテンポの入力、またはTonal Recall Red Knob Modのタップテンポを外部に出力できます。Chase Bliss Audio Modified Empress Midiboxを用いてMIDIクロックとシンクロすることもできます。MIDIについての詳細は後述します。

●電源・その他

Tonal Recall Red Knob ModのCurrent Drawは最大150mAです。駆動にはセンターマイナス、2.1mmの標準的な9Vアダプターを使用します。電池はご使用になれません。

インプットインピーダンスは1MΩ、アウトプットインピーダンスは5kΩ未満です。

●DIPスイッチ

>画像;Tonal Recall Red Knob Mod_m01.jpg

Tonal Recall Red Knob ModにあるDIPスイッチは、主にエクスプレッションペダルとTONE(RAMP)ノブにアサインする設定をはじめ、細かな動作モードの設定を行います。DIPスイッチはトップマウントのため、ペダルをボードにセットしたまま操作できます。また底面にマジックテープを簡単に貼り付けられます。

本体のDIPスイッチの名称が赤字で記載されているものは、TONE(RAMP)ノブ、またはエクスプレッション/CVペダルが接続されている場合はそちらに影響するスイッチです。

プリセットをセーブした際、DIPスイッチの位置も全て保存されます。エクスプレッションペダルが接続されると、TONE(RAMP)ノブにはTONE以外のパラメータはアサインされません。

Mix・Rate・Time・Regen・Depth(左側):on側にすることで、エクスプレッションペダルとTONE(RAMP)ノブに各パラメータをアサインできます。

Mix・Rate・Time・Regen・Depth(右側):これらのスイッチは、TONE(RAMP)ノブを右に回した際、パラメータが上がる(rise)か下がる(fall)かを設定するスイッチです。同様にエクスプレッションペダルの動きに対するパラメータの動きも設定できます。

Bounce:このスイッチがonで、またエクスプレッションペダルが接続されていない時、各パラメータ値をモジュレート(変動)させることができます。

Trails:ディレイエフェクトのバイパスモードを切替えます。off位置ではバイパスはノーマルのトゥルーバイパスとなります。onにするとバッファードバイパスとなり、最後の残響を残したままエフェクトをバイパスできます。onに設定時、もし、ペダルが自己発振していると、ペダルをバイパスにしても自己発振音が出続けます。

MoToByp:モメンタリーバイパスの設定です。onにするとBypassフットスイッチを踏んでいる間だけ、エフェクトがONになります。

Tap Control:“R”の位置ではRamp、“P”の位置ではディレイタイム(TIMEパラメータ)をタップテンポで設定します。RポジションではTONE(RAMP)でのRAMPコントロールのレートを設定します。このスイッチをRポジションに、BounceスイッチをONにすれば、TONE(RAMP)ノブにアサインしたパラメータのモジュレートスピードをタップテンポで設定できます。

Tap Division:ノートディビジョンスイッチのモードを設定します。“3”の位置では、このスイッチにより実際に設定されるテンポが括弧内の下段の音符から“1”の位置では上段の音符から選択できるようになります。

Sweep:TONE(RAMP)ノブとエクスプレッションペダルの可変幅を設定できます。“T”にすれば、TONE(RAMP)ノブとエクスプレッションペダルにアサインされたパラメータの可変幅が、各パラメータのノブの位置から最大(トップ)まで、“B”にすれば各パラメータのノブの位置から最小(ボトム)までの範囲で可変させることができます。

※DIPスイッチは多彩な設定ができますが、初めてペダルを使用する際には考えすぎてしまうと良くありません。まずはDIPスイッチのことを考えずにペダルの機能を把握した上で、プレイしたいことに合わせてDIPスイッチを設定してみてください。

※Ramp(パラメータの動き)の設定は、バイパスになるごとにリセットされます。エフェクトON後、各パラメータはDIPスイッチの設定にかかわらず各パラメータのノブの位置に設定されます。

※在庫切れの際は、お取り寄せにお時間をいただく場合がございます。

素敵な Chase Bliss Bliss Mod Audio/ Tonal Recall Red Knob Knob Mod, 服飾雑貨 リスト:2c33c5e7 --- canoncity.azurewebsites.net
新着情報
2016-04-05 買い物総額1,801円以上送料無料
2016-04-05 We have world wide shipping / 1pcs tshirt is about JPY680
  男女兼用 女性専用 子供サイズもあり 女性専用サイズもあり
販売終了/再入稿待ち 再入稿 残りわずか
Chase Bliss Audio / Tonal Recall Red Knob Mod